TOP会社情報福利厚生
明日への挑戦・取り組み
働く環境
健康宣言
2020年10月13日
株式会社ハラテックス
取締役社長 倉地 宏典 倉地宏典

社員の健康は重要な経営資源のひとつととらえ、社員の健康保持増進に向けたはつらつとした職場づくりに取り組むことを宣言します。

取り組み項目

1. 健康づくり担当者を総務部に設置します
2. 受動喫煙対策として、建物内を禁煙とし、建物外に喫煙所を設け分離します
3. 社員の家族の健康にも積極的に取り組みます
健保組合からの「健診受診の案内」等を活用して健診情報の周知を図ります
4. 社員の健康課題の把握と必要な対策の検討を行います
定期健康診断の受診 ……… 定期健診受診率100%
受診勧奨の取り組み ……… 勤務時間内の健診実施
ストレスチェックの実施 ……… ストレスチェックを実施し、メンタル不調者のいない職場づくりを推進
5. 健康経営の実践に向けて環境を整えます
管理職に対する教育機会の設定 ……… 管理職へのメンタルヘルス研修の実施
適切な働き方の実現 ……… 定時退社日の設定
有給休暇取得目標の設定とフォロー
コミュニケーションの促進 ……… 社内BBQ大会や忘年会の開催
小集団コミュニケーション活動
6. 社員の心と身体の健康づくりに取り組みます
保健指導の実施 ……… 健康診断結果について産業医による面談
保健指導を受ける時間の確保
社員の保健指導予約を会社が行う
運動機会の促進 ……… 朝のラジオ体操
ウォーキングイベントへの参加
社員の感染症予防 ……… 全社員へのインフルエンザ予防接種(会社負担)
アルコール消毒液の設置やマスクの配布
3密対策(休憩所を分散、食堂時差利用、間仕切り)
接触機会減(会議頻度減、出席者絞る、テレワーク)
来場者(検温、マスク着用呼びかけ)
メンタル不調者への対応 ……… 産業医による定期的な面談
相談窓口の整備と周知
新はつらつ職場づくり宣言(働き方改革推進)

株式会社ハラテックスとハラテックス労働組合は、安全・健康・快適で仕事のしやすい職場づくりを目指すために次のとおり「新はつらつ職場づくり」に取り組むことを労使で宣言し、働き方改革を推進しています。

  1. 時間外労働の削減とリフレッシュのために、原則毎月第3金曜日を「ノー残業ディ」とします。
  2. 仕事と家庭生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)を図るため、月1日(年間12日)の計画的な年次有給休暇取得を推進します。
  3. 健康診断や診断結果に対する措置を確実に実施し、一人ひとりの健康保持に努めます。
  4. 職場から労働災害をなくすため、安全衛生活動に積極的に取り組みます。
  5. ストレスチェックの集団分析結果を活用して職場の環境改善を進めます。
  6. 非正規雇用労働者の希望や意欲・能力に応じて、正社員登用・待遇改善に取り組みます。
  7. パワーハラスメント、セクシャルハラスメント等の各種ハラスメントの根絶に取り組みます。
  8. 安全をすべてに優先し、毎日笑顔で働ける誇りある職場づくりを目指します。
働く環境
働く環境
契約保養所(豊田自動織機グループを活用した福利厚生)

東急ハーヴェストクラブ/リゾートトラスト(エクシブ)等

 

働く環境

ページトップへ